ハチミツ料理

2011年01月16日

加齢臭と酒と煙草

加齢臭と酒・煙草の関係を調べてみました。

結果は?

酒は飲みすぎると、活性酸素を生む原因です。


飲んだお酒が肝臓内でアルコール分解される過程で新たに活性酸素が生まれるからです。


適量を超えた飲酒は危険です。


活性酸素を増やすアルコールの摂取を少なくするよう心がけましょう。



次に、タバコについてですが・・・

煙草は活性酸素を含みます。

煙草からでる煙はニコチン等の物質になりますが、それ自体に活性酸素も含まれています。


更に、その活性酸素が原因でビタミンが破壊されます。

実際タバコの煙を吸うとかなりの量の活性酸素が体内に入ります。


加齢臭を防ぐためにも活性酸素を増やすタバコは控えましょう。


ラベル:加齢臭 煙草
posted by Dreamer at 05:52| Comment(0) | 加齢臭あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。